新着情報

歯ぐきの おでき できもの  歯の根っこの治療 歯科用マイクロスコープ

歯ぐきの おでき できもの  歯の根っこの治療 歯科用マイクロスコープ

歯の根っこの治療(根管治療)をした歯の歯ぐきに、プクッとおできのようなものができることがあります。
膨らみが大きくなった時に押して潰す方もいらっしゃるようですが、また再発してきます。

特に上の奥歯の歯ぐきにできることが多いのですが、これはまだ菌が残っている証拠です。
「何度も根っこの治療をしても治らないから、もう抜いてしまいましょう」
ではなく、菌が入り込むような場所がまだないかもう一度調べるべきだと思います。

この作業にはマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)が必須です。
未処置の部位が出てくることも少なくありません。

歯を抜いてしまうと、何かしらの処置が追加で必要となります。
インプラント? (まとまった費用が必要
前後の歯を削ってブリッジ?(健康な歯を削る ダメになったら欠損の拡大になるかも

自分の歯にかなうものは他にはありません。

抜いてしまう前に、もう一度歯を残すチャンスにかけてみてはいかがでしょうか

横穴が開いてしまっているなど、特殊な処置が必要な場合は自費治療での対応となる場合もあります。

マイクロスコープについてはこちら

▼予約はこちら
TEL 052-452-4618

メールでのお問い合わせはこちら

▼アクセス
〒453-0015
愛知県名古屋市中村区椿町18-22 ロータスビル3F
※名古屋駅 新幹線口を出て徒歩約3分

日曜診療あり 土日矯正相談可能 女性歯科医師による矯正治療
名古屋 歯科用マイクロスコープ診療

一覧へ戻る